三省堂書店神保町本店特設サイト > インフォメーション > おすすめ作品・商品 > POP王子の物語の部屋 > 『ピンク色なんかこわくない』伊藤朱里(2022年6月1日〜30日展示)

『ピンク色なんかこわくない』伊藤朱里(2022年6月1日〜30日展示)

掲載日:2022年5月23日

[POP王子の物語の部屋]

★オススメコメント
全編から奇妙な騒めきに溢れた母と四姉妹の物語。際どいバランスで揺らめき続ける家族関係は、砂上の楼閣かそれとも極めていびつなお菓子の家か。目に見えない束縛。個性という武器による解放。女たちを軸とした愛と憎しみが渦巻いた、切っても切れない縁は疎ましくもあれば愛おしくもある。特異な設定のようでいて不思議な普遍性が感じられる魅力的な一冊だ。

★POPコメント
チャレンジーなタイトルでPOPを書く側にとっても挑まれているようだ。まず考えるのはピンク色をメインカラーとしたら負けだろうということ。女系家族のカラー(個性)の交錯が見事な群像劇であるので色味も思い切って多色に。登場人物たちの普通ではない感じも出したくてデザイン敢えてはみ出してみた。安定に欠けるアンバランスさは、この物語の大きな魅力でもある。

↑表紙画像をクリックすると在庫状況がわかります。

↓ロゴをクリックすると「POP王子の物語の部屋」の記事一覧をご覧いただけます。


とっておきの物語を埋もれさせたくない。居ても立っても居られないPOP王子が唯一無二の物語をPOPを使ってお勧めするのが「POP王子の物語の部屋」です。
**********
神保町本店にコーナーがございます。
※店頭の銘柄がこちらに掲載されていない場合もございます。またこちらに掲載されている銘柄が店頭に無い場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

今日・明日のイベント