三省堂書店神保町本店特設サイト > インフォメーション > おすすめ作品・商品 > POP王子の物語の部屋 > POPコラム(第10回)受け継がれる物語

POPコラム(第10回)受け継がれる物語

掲載日:2022年5月30日

[POP王子の物語の部屋]

POPコラム(第10回)「受け継がれる物語」

2022年5月8日三省堂書店神保町本店は多くのお客様に見守られて一旦長きにわたる歴史に幕を下ろした。もちろん仮店舗での営業は継続するし数年後の再開も大いに楽しみであるがこれほど作家にリスペクトされた書店も稀有だろう。創業140年以上の伝統は蓄積され未来へと継続されるのだ。作家に愛されただけではない。作家を生み出した店でもある。写真は旧店舗2階文庫売場の名物だった蒼月海里さんのコーナー。角川ホラー文庫「幽落町おばけ駄菓子屋」シリーズで一躍人気作家の仲間入りをした著者はまさにここの文庫担当者であった。神保町を舞台にした『幻想古書店で珈琲を』も必読のシリーズだ。蒔かれた才能の種は花開き、棚という畑は常に耕されていた。こうした豊かな物語の聖地が新たな店でも見られるに違いない。

↓ロゴをクリックすると「POP王子の物語の部屋」の記事一覧をご覧いただけます。


とっておきの物語を埋もれさせたくない。居ても立っても居られないPOP王子が唯一無二の物語をPOPを使ってお勧めするのが「POP王子の物語の部屋」です。
**********
神保町本店にコーナーがございます。
※店頭の銘柄がこちらに掲載されていない場合もございます。またこちらに掲載されている銘柄が店頭に無い場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

今日・明日のイベント