三省堂書店神保町本店特設サイト > インフォメーション > イベント > Books > 日下三蔵さん×藤井太洋さんトーク&サイン会

『SFショートストーリー傑作セレクション全4巻』
(汐文社)完結記念
日下三蔵さん×藤井太洋さんトーク&サイン会
「初期日本SFを語る」

開催日:2019年04月12日 ~ 2019年04月12日

掲載日:2019年3月27日

[]

終了

星新一、筒井康隆、小松左京、平井和正、眉村卓……。日本のSFを切り拓いた作家たちの作品とその魅力について、SF評論家と作家が大いに語ります。

日時:平成31年4月12日(金)18時30分~(18:00開場)
会場:三省堂書店神保町本店8階特設会場
トーク&サイン会には参加券が必要です。3月27日(水)以降に『SFショートストーリー傑作セレクション』(汐文社)全4巻のうちいずれか1冊をご購入の先着100名様にトーク&サイン会参加券を差し上げます。
お電話でのご予約は下記となります。
ご予約お電話:03-3233-3312(午前10時~午後8時・おかけ間違いにご注意ください。)
※トーク&サイン会の席は自由席です。トーク終了後ご希望の方はサイン会に参加できます。サイン会は参加券の番号順でのご案内となります。サインは日下さんは『SFショートストーリー傑作セレクション全4巻』(汐文社)に、藤井さんは著書にいたします。藤井さんのサインご希望の方は著書をお持ちください。当日会場でも販売いたします。

日下三蔵(くさか・さんぞう)さんプロフィール
1968年生まれ。出版社勤務を経てミステリ・SF評論家、フリー編集者。著書に『日本SF全集・総解説』『ミステリ交差点』、編著に『天城一の密室犯罪学教程』(第五回本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞)、<怪奇探偵小説傑作選><山田風太郎ミステリー傑作選><筒井康隆コレクション><日本SF傑作選>など多数。

藤井太洋(ふじい・たいよう)さんプロフィール
1971年生まれ。作家。2012年に自費出版した電子書籍『Gene Mapper』が当年のKindle本で最も販売数の多い小説となり、翌2013年に『Gene Mapper -full build-』でデビュー。『オービタル・クラウド』で第35回日本SF大賞、第47回星雲賞日本長編部門を受賞した。2019年には『ハロー・ワールド』で第40回吉川英治文学新人賞を受賞。その他の作品に『公的戦闘規範』『東京の子』など。

『SFショートストーリー傑作セレクション 全4巻』
(汐文社)(本体価格各1,600円)
内容紹介
星新一、筒井康隆、小松左京…。日本のSFを切り拓いた作家たちの作品は、現代文学から、ライトノベルにいたるまで、広く深い影響をあたえつづけている。そんな初期SFから、十代の読者に親しみやすいショートショート・短篇を集めたアンソロジーシリーズ。

↑時間篇
タイムトンネル、タイムマシンなどを扱った時間SFの傑作を収録。巻末では、日本SFの歴史や、各著者のプロフィール、代表作などを丁寧に解説する。

↑ロボット篇
機械と人間の関係をあつかったロボットSFの傑作を収録。巻末では、ロボットSFの歴史や、現実のロボットの歩み、各著者のプロフィール、代表作などを丁寧に解説する。

↑異次元篇
パラレルワールド、四次元世界、冥界など「ここではない世界」「もうひとつの世界」を舞台とした異次元SFの傑作を収録。巻末で、大人気の「転生もの」「召喚もの」の源流ともいえる異次元SFの歩みや、各著者の代表作などを丁寧に解説します。

↑未来篇
人間の文明の行き着くところをえがく名作SFを収録。そこにあるのは、夢や希望か、滅びの未来か…。巻末では未来SFの系譜や、おすすめSF作品を丁寧に紹介。

藤井太洋さん最新作

↑『東京の子』(KADOKAWA)本体価格1,600円
内容紹介
2023年、東京。パルクール・パフォーマーを15歳で引退した舟津怜は、戸籍を買い、過去を隠して新たな人生を歩んでいた。何でも屋として生計を立てる彼は、失踪したベトナム人、ファム・チ=リンの捜索を依頼される。美貌の才媛である彼女は、「東京デュアル」内にあるチェーン料理店のスタッフをしていた。オリンピックの跡地に生まれた「理想の大学校」、デュアル。ファムはデュアルの実情を告発しようと動いていたのだ。デュアルは、学生を人身売買しているのだという―。アフターオリンピックの日本を描いた社会派エンターテインメント。

↑『ハロー・ワールド』(講談社)本体価格1,500円
内容紹介
専門を持たない「何でも屋」エンジニアの文椎の武器は、ささやかなITテクニックと仕事仲間と正義感。郭瀬と汪の3人でチーム開発した、広告ブロッカーアプリ“ブランケン”が、突然インドネシア方面で爆発的に売れ出した。“ブランケン”だけが消せる広告は政府広報だ。東南アジアの島国で何が起こっているのか―。果たして彼らはとんでもない情報を掴んでしまった。文椎は、第二のエドワード・スノーデンなるか?

今日・明日のイベント