三省堂書店神保町本店特設サイト > インフォメーション > おすすめ作品・商品 > グッとBook! > 「コインロッカー・ベイビーズ」 村上龍著

「コインロッカー・ベイビーズ」 村上龍著

掲載日:2021年9月15日

[]

村上龍さんといえばデビュー作の「限りなく透明に近いブルー」が大変話題になり芥川賞を受賞したイメージがありますが、かくいう私は小学生でしたので池田満寿夫さんの「エーゲ海に捧ぐ」とあまり区別できていなかったと思います。高校生になった頃に本作「コインロッカー・ベイビーズ」が発売になり、過去にさかのぼって「限りなく~」と「海の向こうで戦争が始まる」を読んだ記憶があります。しかし高校生の私に本作の衝撃は重く「文学ってこんなにバイオレンスなんだ」と勝手に思ってしまいました。
今思うと村上龍さんって当時の文壇のニュージェネレーション的な存在でアメリカの匂いのする作家だったのかもしれませんね。

営業推進部R.S.

↑表紙画像をクリックすると在庫状況がわかります。

スタッフの読後コメント
今まで読んだ小説の中で唯一、傷つき、血を流す痛みをリアルに感じた作品。今どきのチャラチャラなディストピア小説達が尻尾を巻いて逃げ出すような1980年の大傑作。

そごう千葉店S.T.

↓ロゴをクリックすると「グッとBook!」レーベル一覧をご覧いただけます。


本には読んでいる人の心を揺り動かす力があります。心が揺さぶられたり、思わず涙腺が緩んでしまったり、一生に一度出会えることが奇跡のような本を集めたのが「グッとBook!」レーベルです。
**********
神保町本店にコーナーがございます。
※店頭の銘柄がこちらに掲載されていない場合もございます。またこちらに掲載されている銘柄が店頭に無い場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

こちらの本をご覧になった方へのおすすめ

今日・明日のイベント