三省堂書店神保町本店特設サイト > インフォメーション > おすすめ作品・商品 > 知の旅へ > 「路上観察学入門」 赤瀬川原平著

「路上観察学入門」 赤瀬川原平著

掲載日:2021年11月14日

[]

赤瀬川さんは1980年に発表した「父が消えた」で第84回芥川賞を受賞していますが、本当は前衛芸術家でした。1998年に発表した「老人力」は当時40万部を発行してベストセラーになり一世を風靡しました。赤瀬川さんの特徴は多くのナンセンスやユーモラスな組織の結成に携わって活動していたことでしょうか。そんな活動のひとつに「路上観察」がありました。マンホール、エントツ、看板など路上で観察できるもの全てを対象としてフィールドワークを行い、街を分析する。タモリ倶楽部がもっと濃くなった感じでサブカルチャーの走りだったのではないでしょうか。

営業推進部R.S.

↑表紙画像をクリックすると在庫状況がわかります。

スタッフの読後コメント
街中のいたる所に「面白い」は落ちている!観察する楽しみを知ると、見慣れた街並みが少し変わって見えてきて、歩くのが楽しくなります。

有楽町店Y.W.

↓ロゴをクリックすると「知の旅へ」レーベル一覧をご覧いただけます。


教養をつけたい。知識を深めたい。勉強をしたい。今の自分を一歩進めて少しだけ新しい自分になりたい時にオススメの本を集めたのが「知の旅へ」レーベルです。
**********
神保町本店と有楽町店にコーナーがございます。
※店頭の銘柄がこちらに掲載されていない場合もございます。またこちらに掲載されている銘柄が店頭に無い場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

こちらの本をご覧になった方へのおすすめ

今日・明日のイベント